コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正距図法 せいきょずほうequidistant projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正距図法
せいきょずほう
equidistant projection

等距離図法ともいう。地球上の特定の方向の距離に対応する地図上の長さが基準縮尺で表わされている地図投影法。地図上の任意の2点間の距離が地球上とどこでも同じ縮尺で表わされる地図投影法は存在しない。正距方位図法のように地図の中心から図上の各点に引いた直線の長さが正しい場合と,正射図法 (正軸法) のように極を中心とする同心円で描いた緯線の長さが正しい場合とある。正距円錐図法,正距円筒図法は経線方向が正距であり,多円錐図法ボンヌ図法サンソン図法は緯線方向が正距となる。また,正積図法では任意の点で特定の2方向が正距となる。この方向の包絡線を等長線という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正距図法
せいきょずほう
equidistant projectionsequal-spaced projections

地図投影で、正距の性質をもつ図法の総称。正距の性質とは、地図上のすべての緯線または経線に沿う距離、あるいは特定の点からのすべての方向の距離がその地図の縮尺で正しい長さに表されることである。地球表面は平面ではないので、地図を平面とした場合、地球上の任意の線に対応する地図上の線がかならず正距になる理想的な地図投影はつくれないことが、微分幾何学で明らかにされている。したがって、正距図法とは特定の線に限って正しく表すことができる図法である。[金澤 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の正距図法の言及

【地図】より

…これらの図法は,さらに投影の視点によって,地球の中心に視点をおく心射図法,反対側の地球上の一点に視点をおく平射図法,無限遠に視点をおく正射図法などと区分される。また,面積,角度,距離のいずれかの条件を正しく表示するため,古来,数々の投影法がくふうされており,それぞれ正積図法,正角図法,正距図法などと呼ばれている。またその図法を考案した人の名前を冠して,たとえばランベルト(ランバート)正角円錐図法,メルカトル図法(正角円筒図法)などと呼ぶことも多い。…

※「正距図法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正距図法の関連キーワードエイトフ図法地図のひずみ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android