コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武力攻撃事態 ブリョクコウゲキジタイ

デジタル大辞泉の解説

ぶりょくこうげき‐じたい【武力攻撃事態】

日本が外部から武力攻撃を受けている状態、または明らかに武力攻撃を受けると予想される状態をいう。
[補説]武力攻撃事態法で定義されている有事に関する概念の一つ。同法では「武力攻撃が発生した事態又は武力攻撃が発生する明白な危険が切迫していると認められるに至った事態」と規定している。→武力攻撃予測事態

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

武力攻撃事態の関連キーワード武力行使の「新3要件」と、安全保障法制で作られる二つの「事態」外国軍用品等海上輸送規制法国際人道法の違反行為処罰法武力攻撃・存立危機事態法集団的自衛権をめぐる現状日米防衛協力のための指針物品役務相互提供協定米軍等行動関連措置法武力攻撃事態対処法特定公共施設利用法米軍行動円滑化法安全保障関連法武力事態対処法有事と国民保護重要影響事態指定行政機関安全保障法制安全保障会議捕虜取扱い法指定公共機関

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武力攻撃事態の関連情報