武田勝頼の妻(読み)たけだ・かつよりのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

武田勝頼の妻

没年:天正10.3.11(1582.4.13)
生年永禄7(1564)
戦国安土桃山時代武家の女性。北条氏康の娘,氏政の妹。天正5(1577)年,北条氏と武田氏の同盟強化のため勝頼に嫁ぐ。翌年,勝頼が北条氏と断交し上杉氏と結んでもそのもとにとどまった。武田家が滅亡の危機に頻した同10年2月19日,戦勝を祈念して武田八幡宮(山梨県韮崎市)に奉納した自筆願文には夫への深い愛情が表されている。実家に帰るよう勧める夫の言葉にも従わず,武田氏終焉の地田野で自ら守り刀を抜いて自害したと『理慶尼記』は記す。

(池上裕子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android