武者窓(読み)ムシャマド

百科事典マイペディアの解説

武者窓【むしゃまど】

武家窓とも。天守(やぐら)または大名屋敷の武家長屋などに用いられた太い竪(たて)格子の窓。格子が横に入った窓を与力窓という。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むしゃ‐まど【武者窓】

〘名〙 城郭建築あるいは武家屋敷の表長屋などの外壁に設けた、太い格子の付いた窓。武家窓。また、そのような構造の窓。
※歌舞伎・筑紫巷談浪白縫(黒田騒動)(1875)大詰「左右朱塗りの番所、続いて海鼠壁(なまこかべ)の長屋、諸所に武者窓(ムシャマド)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android