コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤義勝 むとう よしかつ

1件 の用語解説(武藤義勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤義勝 むとう-よしかつ

1573-1623 織豊時代の武将。
天正(てんしょう)元年生まれ。本庄繁長の次男。武藤義興の養子。大宝寺氏ともいう。天正15年最上義光(もがみ-よしあき)との戦いで義興が敗死したため,越後(えちご)国境の小国城へしりぞく。翌年実父と上杉軍の支援をうけ,十五里ケ原で最上勢に大勝して庄内の尾浦城にもどった。19年太閤(たいこう)検地に抵抗する一揆(いっき)がおき,扇動の嫌疑で改易(かいえき)。元和(げんな)9年死去。51歳。幼名は千勝丸。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

武藤義勝の関連キーワード織豊時代一雲大河内善兵衛加藤景元佐知景則茶臼屋茶深屋道味鳥居忠広平手汎秀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone