武衛(読み)ブエイ

デジタル大辞泉 「武衛」の意味・読み・例文・類語

ぶ‐えい〔‐ヱイ〕【武衛】

兵衛府ひょうえふ唐名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「武衛」の意味・読み・例文・類語

ぶ‐えい ‥ヱイ【武衛】

[1] 〘名〙
天子の側近くいて守護する武官。また、将軍。〔布令必用新撰字引(1869)〕 〔旧唐書‐百官志〕
兵衛府(ひょうえふ)の唐名。
古事談(1212‐15頃)一「武衛酒宴之間也」
[2] (斯波宗家が管領家で、当主は多く左兵衛督になったところから) 斯波氏通称
信長記(1622)一上「天文年中まで、尾張国の守護は、武衛(ブヱイ)と申奉つる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「武衛」の読み・字形・画数・意味

【武衛】ぶえい

武備

字通「武」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android