武衛(読み)ぶえい

精選版 日本国語大辞典「武衛」の解説

ぶ‐えい ‥ヱイ【武衛】

[1] 〘名〙
① 天子の側近くいて守護する武官。また、将軍。〔布令必用新撰字引(1869)〕 〔旧唐書‐百官志〕
兵衛府(ひょうえふ)唐名
※古事談(1212‐15頃)一「衛酒宴之間也」
[2] (斯波宗家が管領家で、当主は多く左兵衛督になったところから) 斯波氏の通称。
※信長記(1622)一上「天文年中まで、尾張国の守護は、武衛(ブヱイ)と申奉つる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「武衛」の解説

【武衛】ぶえい

武備

字通「武」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「武衛」の解説

ぶ‐えい〔‐ヱイ〕【武衛】

兵衛府ひょうえふ唐名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android