コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武装と武具[古代ローマ] ぶそうとぶぐ[こだいローマ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武装と武具[古代ローマ]
ぶそうとぶぐ[こだいローマ]

共和政初期にはギリシアにならって歩兵は槍が主武器であった。防具は人により異なり,富裕市民は,胸甲,軽い丸楯,すね当て,革 (または青銅) の兜を用いた。前2世紀までには投槍が主武器で,白兵戦にはスペイン起源の両刃の剣を用い,楯もサムニウム人のもつ長方形の楯になった。これらは帝政期にも使われた。また下層市民は軽装兵として革シャツの上に青銅の鎧をつけ,小さい丸楯,軽い槍,剣を持ち,すね当てはつけなかった。騎兵は兜,丸楯,投槍を用い,剣は持たなかった。前1世紀には投槍が鋭利にされ,長楯とともに広く用いられ,すね当ては使われなくなった。帝政期には行進用の装飾,制服がつくられ,鉄の鎧が現れた。補助軍 (アウクシリア) は地方特有の装備をしていたが,槍,長剣が使われるようになった。また弓手,投石手など特殊な部隊もふえていった。帝政後期には槍と長剣が広く用いられ,武器の種類による専門化も進んだ。 (→軍制)  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

武装と武具[古代ローマ]の関連キーワードローマ軍

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android