コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩廊 ホロウ

2件 の用語解説(歩廊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほ‐ろう〔‐ラウ〕【歩廊】

2列の柱の間につくった通路。回廊。
プラットホームのこと。
「汽車は―を離れ」〈志賀・鳥取〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の歩廊の言及

【廊下】より

…こうした住宅を中(なか)廊下型住宅と呼ぶことがある。住居【大河 直躬】
[西洋]
 建物と建物,あるいは建物内部の室と室を結ぶ通路としての歩廊は,たんに連絡の便のためばかりでなく,建造物に威厳と壮麗さと神秘性を与える重要な要素として古代から活用されていた。エジプトのピラミッド複合体の河岸神殿と葬祭殿を結ぶ通路,クノッソスの宮殿の迷路のような歩廊などはその好例である。…

※「歩廊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歩廊の関連情報