歩廊(読み)ほろう

精選版 日本国語大辞典「歩廊」の解説

ほ‐ろう ‥ラウ【歩廊】

〘名〙
三和土(たたき)、または敷瓦にした下。回廊。現代は煉瓦(れんが)コンクリートで舗装した廊下。
※江家次第(1111頃)三「廊座二列」 〔水経注‐穀水〕
※軍艦茉莉(1929)〈安西冬衛〉曇日と停車場陸橋 歩廊 展望車」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「歩廊」の解説

ほ‐ろう〔‐ラウ〕【歩廊】

2列の柱の間につくった通路。回廊。
プラットホームのこと。
汽車は―を離れ」〈志賀・鳥取〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「歩廊」の解説

【歩廊】ほろう

廻廊

通「歩」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の歩廊の言及

【廊下】より

…こうした住宅を中(なか)廊下型住宅と呼ぶことがある。住居【大河 直躬】
[西洋]
 建物と建物,あるいは建物内部の室と室を結ぶ通路としての歩廊は,たんに連絡の便のためばかりでなく,建造物に威厳と壮麗さと神秘性を与える重要な要素として古代から活用されていた。エジプトのピラミッド複合体の河岸神殿と葬祭殿を結ぶ通路,クノッソスの宮殿の迷路のような歩廊などはその好例である。…

※「歩廊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android