コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩武 ホブ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐ぶ【歩武】

足のはこび。足取り。
「彼等は漫なる―を以て歩み」〈独歩・愛弟通信〉
《「歩」は6尺または6尺4寸、「」は「歩」の半分の意》わずかの距離。咫尺(しせき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほぶ【歩武】

〔「歩」は六尺または六尺四寸、「武」は歩の半分〕
わずかな距離。咫尺しせき
あしどり。あゆみ。 「 -堂々」 「教会の運動は-を確かにし、漸を以てすべし/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歩武の関連キーワードポジティブ歩武ノーブレーキ足取り彼等

歩武の関連情報