歳次(読み)サイジ

デジタル大辞泉の解説

《古くは「さいし」。「歳」は歳星すなわち木星、「」は宿りの。昔、中国で、木星が12年で天を1周すると考えられていたところから》としまわり。とし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「さいし」とも) 歳星(木星)が宿ること。また、その年度に宿る場所。木星が約一二年で天を一周するところから、中国の天文学で天を十二次(宿)に分け、その一次を移行する期間を一年とした。そこでその年に木星の所在する宿を歳次といい、転じて、年めぐり、年まわりの意に用いる。なお、十二次には十二支が配当されているので、その年の干支を表示する場合、たとえば「歳次甲子」といい、これを日本では「歳(ほし)甲子に次(やどる)」ともよむ。歳序。
※正倉院文書‐天平一二年(740)遠江国浜名郡輸租帳「遠江国浜名郡租帳夾名帳 天平十二年 歳次庚辰」
※平家(13C前)二「維あたれる歳次、治承元年丁酉」 〔潘岳‐西征賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android