コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄島 おしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雄島
おしま

福井県北部,日本海に突出した陣ヶ岡台地 (→加越台地 ) の先端にある無人島。面積 0.1km2坂井市に属し,雄島橋で本土と結ばれる。国指定名勝・天然記念物東尋坊と同様,輝石安山岩柱状節理が荒波に洗われた特異な景観を示す。ヤブニッケイ,タブノキスダジイなどの常緑広葉樹の群生がある。越前加賀海岸国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

お‐しま〔を‐〕【雄島】

宮城県、松島湾の島。陸に近く渡月橋が架かる。[歌枕]
「見せばやな―の蜑(あま)の袖だにもぬれにぞぬれし色はかはらず」〈千載・恋四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

雄島(おしま)

宮城県松島町の松島湾西部に位置する群島「松島八島」のひとつ。島に繋がる朱塗りの「渡月橋」は東日本大震災により被災したが、現在は復旧している。

雄島(おしま)

福井県坂井市、安島岬の沖合に位置する安山岩の島。国の天然記念物「東尋坊」があり、本土とは遊歩道で結ばれている。

雄島(おじま)

石川県七尾市の七尾南湾内にある無人島。

雄島(ゆうじま)

山口県萩市、須佐湾口に位置する島嶼群。海食崖の発達した景勝地で、国の名勝・天然記念物に指定されている。「天神島」「イロハ島」ともよばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おしま【雄島】

宮城県松島湾西部の群島の一。陸に近く渡月橋で結ばれている。⦅歌枕⦆ 「松島や-の磯にあさりせしあまの袖こそかくはぬれしか/後拾遺 恋四

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄島
おしま

福井県の北西端、坂井(さかい)市三国町安島(みくにちょうあんとう)の沖合いにある小島。周囲約4キロメートル。約220メートルの雄島橋で安島地区と結ばれている。全島はねずみ色の輝石安山岩からなり、とくに柱状節理がよく発達している。北東部は季節風を受けることが少ないので、タブノキなどの常緑広葉樹が繁茂して、大湊(おおみなと)神社の社叢(しゃそう)をつくっている。同社の祭神は事代主命(ことしろぬしのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)で、航海、漁業の守護神として信奉されてきた。本殿・拝殿・男神坐像(ざぞう)は県指定文化財。三国駅から安島までバス20分、下車後徒歩10分。また東尋坊(とうじんぼう)から遊覧船も出ている。[印牧邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雄島の関連情報