コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膜翅類 まくしるい Hymenoptera

5件 の用語解説(膜翅類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膜翅類
まくしるい
Hymenoptera

膜翅目に属する昆虫の総称。完全変態類に属し,ハチアリを含み,全世界で十数万種が知られている。通常1対の膜状の翅をもち,後翅は前翅より小さく,その前縁に微小な鉤があり,飛翔するときそれが前翅の後縁にかかって前後翅が1枚となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まくし‐るい【膜×翅類】

膜翅目の昆虫の総称。膜質の二対の翅(はね)をもつが、無翅のものもある。胸部と腹部との間がくびれない広腰亜目と、くびれる細腰亜目とに大別される。前者にはキバチハバチなどが含まれ、幼虫は主に植物食。後者にはアリヒメバチミツバチなどが含まれ、幼虫は主に肉食で、雌の産卵管が毒針に変化しているものや、寄生・家族生活をするものもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

膜翅類【まくしるい】

昆虫綱の1目。ハチ目ともいう。ハチ,アリの類。翅は膜状で透明。翅脈が少ない。飛ぶときには前翅と後翅が鉤(かぎ)で連なり,1枚の翅のように動く。雌は産卵管か毒針をもつのが普通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

まくしるい【膜翅類 Hymenoptera】

昆虫綱の1目。昆虫類の中で,もっとも大きい群で,しかも,生活様式がもっとも変化に富んでいる群でもある。ハチアリの仲間。現在世界に12万種以上の種が知られている。体長0.2mmの小さなものから,50mmに達するものまであるが,原則的には,膜質の2対の翅をもち,前翅は後翅より大きく,小さなかぎで互いに連結できる。なかには,繁殖時期に雌雄とも翅をもつものや,雄だけ翅をもち,雌は翅のないものもある。口器はかむようになっているが,ときにはなめたり,吸ったりするように変化しているものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膜翅類
まくしるい

昆虫綱の一目Hymenopteraで、甲虫類(鞘翅(しょうし)類)に次いで種類の多い一群。ハチとアリの仲間で、世界中で10万種以上が知られているが、微小な寄生バチ類(体長0.5~1.5ミリ)の分類がさらに進めば、生物界最大の群になると推定されている。
 形態的には頭、胸、腹部の区別がきわめて明瞭(めいりょう)で、二対の膜質のはねはよく発達し、後翅はつねに前翅より小さい。翅脈は退化的で、ときに無翅のハチ(雌に多い)もいる。高等なハチ、たとえばミツバチなどは生物界で最高の機能をもつ飛行家である。口器はかむ型で、これに吸う機能を加えた型(ハナバチ類)もある。雌の産卵管はハバチ類では鋸(のこぎり)式となって植物組織を切り開き、寄生バチ類ではドリルとなって穿孔(せんこう)し、狩りバチや花バチでは刺針となって獲物の麻酔、攻撃と防御などに用いられる(雄バチは刺さない)。
 次の二亜目に分類され、原則的に広腰亜目(ハバチ、キバチほか。幼虫は有脚)は植物食性、細腰亜目(ヒメバチ、アリ、スズメバチほか。幼虫は無脚)は動物食性である。ただし、ハナバチ類は先祖返りをして植物(花粉・花蜜(かみつ))食性となった。細腰亜目は広腰亜目とは違って腹部第一筋が胸部に融合するとともに、胸部と腹部の間(実は腹部第二節の基部)が強くくびれている。これによって腹部の運動性を獲得し、腹端の刺針を自在に使用することができるようになった。
 食性と生態も実に多様で、針葉樹の材中に穿孔侵入するキバチ、葉を食害するハバチ、植物体に虫こぶをつくるタマバチ、ほかの昆虫の卵、幼虫、蛹(さなぎ)、まれに成虫に寄生してこれを食い殺すヤドリバチ類(寄生バチ)にヒメバチ、コマユバチ、コバチ、ツチバチほかがあり、このなかには二次寄生、三次寄生をするものもある。ガの幼虫などを狩って蓄え自分の子の食餌(しょくじ)とする狩りバチ(ドロバチ、スズメバチ、ジガバチほか)、訪花して花粉や花蜜を採取・運搬して子を養うハナバチ類(花バチ)など、生活様式・習性と本能の進化は目を見張るものがある。多くのハチはみごとな巣をつくり、アリの全部、スズメバチ科の一部、ミツバチ科の大半は高度な社会生活を送る。
 発生は完全変態で、蛹は繭に収まるものも多い。繁殖は有性生殖で、雌雄は異型。クリタマバチなどは雌ばかりで繁殖(単為生殖)し、ほかのタマバチのある種は世代交代をし、トビコバチには多胚(たはい)生殖をするものもある。ハチでは産み落とされた卵はつねに発生し、受精卵は雌バチ(ミツバチでは女王バチと働きバチ)に、不受精卵は雄バチになる。
 ハチと人間生活との関係はとくに深く、一部の農林害虫や衛生害虫を除けば大半が益虫で、花粉の媒介や害虫の駆除に役だつ。養蜂(ようほう)業は世界各地で盛んに行われている。日本ではリンゴの花粉媒介にマメコバチ(ハキリバチ科)が利用されている。害虫を倒す寄生バチのなかには生物農薬として利用されているものもある。人を刺すのでときに恐れられるミツバチは、リウマチの治療に用いられている。[平嶋義宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膜翅類の関連キーワード結合類コゲラ鞘翅類長翅類直翅類線形虫無翅昆虫カクムネヒラタムシ広食性昆虫昆虫綱