コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比治山 ひじやま

1件 の用語解説(比治山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひじやま【比治山】

広島市の市街地東部にある小台地。南北1km,東西0.5km,標高60~70m。広島城築城のころは広島湾中の島であったが,17世紀前半の干拓により太田川の三角州と陸続きとなった。1932年公園として整備された。原爆被災の折,この山の遮蔽効果によって東側の段原町一帯が被爆から免れた。山頂に放射線影響研究所がある。北西麓の多聞院には広島藩儒頼春水(らいしゆんすい)(山陽の父)ら頼氏一族の墓がある。南麓には縄文時代比治山貝塚がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の比治山の言及

【広島平野】より

…藩政期を通じて前面の干潮平地(干潟)が干拓され,明治以降は埋立てが行われた結果,現在の陸地面積は城下町成立前の3倍を超えている。市内随一の眺望地比治山をはじめ江波山,黄金山などは干拓により三角州の中に繰り入れられたかつての島である。 低湿な三角州のただ中に建設された城下町広島にとって,洪水は宿命的な災害であった。…

※「比治山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比治山の関連情報