コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛呂清春 もろ きよはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛呂清春 もろ-きよはる

1877-1966 明治-昭和時代の歌人。
明治10年4月18日生まれ。京都府与謝(よさ)郡の男山八幡神社の神職。明治26年落合直文の「あさ香社」の結成にくわわり,同門の林信子と結婚。36年丸岡桂(かつら)らと歌誌莫告藻(なのりそ)」を創刊。与謝野鉄幹(よさの-てっかん)門下として活躍した。昭和41年9月5日死去。89歳。京都出身。国学院卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

毛呂清春の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android