コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氏家行広 うじいえ ゆきひろ

2件 の用語解説(氏家行広の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

氏家行広 うじいえ-ゆきひろ

1546-1615 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)15年生まれ。氏家卜全(ぼくぜん)の子。織田信孝,のち豊臣秀吉につかえ,伊勢(いせ)(三重県)桑名城主となる。関ケ原の戦いで西軍に属し,敗れて出家。大坂の陣では徳川家康が10万石でまねくのをことわり,慶長20年5月8日大坂城落城のとき豊臣秀頼に殉じた。70歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は直通。法名は道喜。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

氏家行広

没年:元和1.5.8(1615.6.4)
生年:天文15(1546)
安土桃山・江戸前期の武将。氏家卜全の子で,名は直通ともいう。はじめ,織田信孝,次いで豊臣秀吉に仕え,天正18(1590)年の小田原攻め後,伊勢桑名城2万2000石を与えられた。慶長5(1600)年の関ケ原の戦には西軍として,同じ伊勢の神戸城の滝川雄利,亀山城の岡本宗憲らと呼応して桑名城に拠り,徳川家康に抗した。しかし支えきれずに開城し,出家して道喜と号し,西国を放浪している。のちの大坂の陣では,家康から10万石で誘われたが,それを蹴って大坂城に入城し,落城のとき豊臣秀頼に殉じて切腹した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氏家行広の関連キーワード石川康長織田有楽佐久間正勝清韓文英牧興相山岡如軒酒井貞月弘尊氏家直元氏家卜全

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone