(読み)ミン

デジタル大辞泉「民」の解説

みん【民】[漢字項目]

[音]ミン(呉) [訓]たみ
学習漢字]4年
〈ミン〉
権力や官位のない普通の人。一般の人々。たみ。「民意民営民家民間民芸民主民衆民生民俗民族民兵民謡官民義民国民済民(さいみん)済民(せいみん)細民四民市民住民庶民植民人民選民町民島民難民農民万民遊民
「民間」の略。「民活民放
〈たみ〉「民草国民
[名のり]ひと・み・みたみ・もと

たみ【民】

国家や社会を構成する人々。国民。
君主国君主支配下にある人々。臣民。
キリスト教で、神に従うものとしての人間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「民」の解説

たみ【民】

〘名〙 君主・帝王に統治されるすべての人々。臣民。貴族、また、武士階級を除いた庶民。百姓。おおみたから。あおひとぐさ。蒼生。また、現代では広く国家社会を構成する人。国民。
※万葉(8C後)一一・二六四五「宮材引く泉のそまに立つ民(たみ)のやすむ時なく恋ひわたるかも」
※源氏(1001‐14頃)明石「みづから斯く田舎のたみとなりにて侍り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android