コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気体燃料 キタイネンリョウ

3件 の用語解説(気体燃料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたい‐ねんりょう〔‐ネンレウ〕【気体燃料】

常温・常圧のもとで気体状態の燃料。石炭ガスアセチレンガスプロパンガス天然ガスなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気体燃料
きたいねんりょう
gaseous fuel

気体状態で使用される燃料。固体燃料液体燃料に対比される。パイプによる連続輸送が可能で、着火性がよく、燃焼ののち灰分を出さないなど、数々の特長を有する。気体燃料として水素、一酸化炭素メタンエタンプロパンなどがあげられる。石炭を乾留して得られる石炭ガスは、都市ガスとして古くから照明や炊事、暖房用として用いられてきた。現在は石炭・石油の採掘、石油精製の際併産されるガス、メタンを主成分とする天然ガスが家庭用、工業用、電力用として広く使用されている。[真田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の気体燃料の言及

【燃料】より

…(1)燃焼したときの発熱量が大きいこと,(2)着火,消火,運搬,貯蔵などの取扱いが容易であること,(3)安全で無害であること,(4)生産量が多く,安定した供給ができ,安価であること。 燃料は常温・常圧における状態によって,気体燃料,液体燃料,固体燃料に分けられる。また用途によって一般燃料と,ロケット燃料や核燃料のような特殊燃料に分けることもできる。…

※「気体燃料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気体燃料の関連情報