コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気体燃料 キタイネンリョウ

3件 の用語解説(気体燃料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたい‐ねんりょう〔‐ネンレウ〕【気体燃料】

常温・常圧のもとで気体状態の燃料。石炭ガスアセチレンガスプロパンガス天然ガスなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きたいねんりょう【気体燃料】

気体の状態で使用される燃料。石炭ガス・水性ガス・水素・天然ガス・アセチレン・プロパン-ガスなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気体燃料
きたいねんりょう
gaseous fuel

気体状態で使用される燃料。固体燃料液体燃料に対比される。パイプによる連続輸送が可能で、着火性がよく、燃焼ののち灰分を出さないなど、数々の特長を有する。気体燃料として水素、一酸化炭素メタンエタンプロパンなどがあげられる。石炭を乾留して得られる石炭ガスは、都市ガスとして古くから照明や炊事、暖房用として用いられてきた。現在は石炭・石油の採掘、石油精製の際併産されるガス、メタンを主成分とする天然ガスが家庭用、工業用、電力用として広く使用されている。[真田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の気体燃料の言及

【燃料】より

…(1)燃焼したときの発熱量が大きいこと,(2)着火,消火,運搬,貯蔵などの取扱いが容易であること,(3)安全で無害であること,(4)生産量が多く,安定した供給ができ,安価であること。 燃料は常温・常圧における状態によって,気体燃料,液体燃料,固体燃料に分けられる。また用途によって一般燃料と,ロケット燃料や核燃料のような特殊燃料に分けることもできる。…

※「気体燃料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気体燃料の関連キーワード液体燃料燃料標準状態ボイル=シャルルの法則炭殻ガスステート燃料噴射弁シアノーゲンコークアイトブンゼンの吸収係数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気体燃料の関連情報