コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水分峠 みずわけとうげ

4件 の用語解説(水分峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水分峠
みずわけとうげ

大分県中部,由布院盆地と玖珠盆地の境界にある峠。標高 707m。大分川と筑後川分水嶺をなす。 1895年佐賀県道として南方の川西峠を越える道が開かれたが,急峻なため 1912年から4年の工事を要して,現在の国道 210号線の水分峠経由に変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みずわけとうげ【水分峠】

大分県中部,湯布院(ゆふいん)町と九重(ここのえ)町の境にある峠。標高707m。大分川水系と筑後川水系の分水嶺にあたるところから地名が生まれた。近世には,東西を結ぶ幹線交通路は北方約10kmの日出生(ひじゆう)台を通っていた。水分峠を幹線道路が通るようになったのは,大正時代に佐賀県道が開通して以来である。現在は国道210号線と九州横断道路(やまなみハイウェー)が交錯する交通の要衝となっている。【勝目 忍】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕水分峠(みずわけとうげ)


大分県中部、由布院(ゆふいん)盆地の西を限る峠。標高707m。大分川と筑後(ちくご)川の分水界にあたる。国道210号から別府阿蘇(べっぷあそ)道路(やまなみハイウエー)が分岐する。すぐ南側を大分自動車道水分トンネルが通過する。由布院盆地周辺には由布院温泉や各種リゾート施設が多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水分峠
みずわけとうげ

大分県中部、国道210号が由布市・玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町境を越える所にある峠。標高709メートル。カルト山・野稲(のいね)岳両火山の裾合(すそあい)谷で、大分川と筑後(ちくご)川の分水界にあたり、この名を得た。1895年(明治28)県道が本峠の南西2キロメートル、標高730メートルの川西峠を越えて開かれたが、険しかったので、1912年(大正1)から4年をかけてこの峠筋に路線を変更したもの。峠下に大分自動車道のトンネルが通じている。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水分峠の関連キーワードゆふいん湯布院〈町〉大分県由布市湯布院町川上大分県由布市湯布院町川北大分県由布市湯布院町川西大分県由布市湯布院町川南大分県由布市湯布院町下湯平大分県由布市湯布院町塚原大分県由布市湯布院町中川大分県由布市湯布院町湯平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水分峠の関連情報