コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分川 おおいたがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大分川
おおいたがわ

大分県中部,由布岳の南西斜面に源を発し,由布院盆地を流れ,下流大分平野西部を形成して別府湾に注ぐ川。全長 52km。流域には河岸段丘が発達。 JR久大本線が沿う。中流では水力発電に利用され,篠原芹川 (支流) などのダムがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおいた‐がわ〔おほいたがは〕【大分川】

大分県中央部を流れる川。大分川水系の本流由布岳西麓に源を発し、湯布院盆地をほぼ南西流したのち、東流して大分市街地東で別府湾に注ぐ。長さ55キロ。支流が多く11か所に発電所がある。堂尻(どうじり)川。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおいたがわ【大分川】

大分県の中部,湯布院盆地北東部に源を発し,阿蘇野川など多くの支流を集めて東流,挟間(はさま)町を経て大分市に入り,別府湾に注ぐ川。幹川流路延長55km。全流域面積650km2。流域は久大本線が沿い,下流に大分平野西部をつくり,河口三角州上には大分市の中心街がある。流域には古くから初瀬井路,野津原三渠,明治大分水路などの灌漑用水路が発達している。都市用水や工業用水としても利用され,1956年に芹川ダムができて発電にも利用されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕大分川(おおいたがわ)


大分県中部を流れる川。由布(ゆふ)岳(標高1583m)西麓(せいろく)に源を発し、由布院盆地から南流ついで東流しながら阿蘇野(あその)川・芹(せり)川などを合わせ、大分市の市街地を経て別府(べっぷ)湾に注ぐ。1級河川(大分川水系)。延長55km。流域面積650km2。中流域は河岸段丘が発達、河口部の三角州に大分市の中心市街、河口右岸の埋め立て地に製鉄所・火力発電所が立地する。灌漑(かんがい)・発電・上水道源としても重要。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分川
おおいたがわ

大分県中部を流れる川。由布岳(ゆふだけ)南西麓(ろく)に源を発し、由布院(ゆふいん)盆地の水を集め、雨乞岳(あまごいだけ)、城ヶ岳(じょうがだけ)南麓を東流、中流で阿蘇野(あその)川、小挾間(おばさま)川、芹(せり)川、下流で由布川などをあわせ大分平野西半部を形成し、別府湾に注ぐ。一級河川。延長55キロメートル、流域面積650平方キロメートル。灌漑(かんがい)面積9249ヘクタール。1956年(昭和31)完成の芹川ダムをはじめ、11か所に小発電所がある。近年、大分市、別府市の上水道用水としての価値も増大してきた。川に沿ってJR久大(きゅうだい)本線と国道210号が走る。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大分川の関連キーワード野津原[町]湯平[温泉]野津原〈町〉湯布院[町]庄内[町]大分川ダム挟間[町]直入[町]由布川渓谷大分[市]由布院温泉直入〈町〉埋め立て地火力発電所明野台地長湯温泉湯平温泉城島高原上野丘山下池

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分川の関連情報