大分川(読み)おおいたがわ

  • おおいたがわ〔おほいたがは〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大分県中部由布岳南西斜面にを発し,由布院盆地を流れ,下流大分平野西部を形成して別府湾に注ぐ川。全長 52km。流域には河岸段丘発達。 JR久大本線が沿う。中流では水力発電に利用され,篠原芹川 (支流) などのダムがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

大分県の中部,湯布院盆地北東部に源を発し,阿蘇野川など多くの支流を集めて東流,挟間(はさま)町を経て大分市に入り,別府湾に注ぐ川。幹川流路延長55km。全流域面積650km2。流域は久大本線が沿い,下流に大分平野西部をつくり,河口三角州上には大分市の中心街がある。流域には古くから初瀬井路,野津原三渠,明治大分水路などの灌漑用水路が発達している。都市用水や工業用水としても利用され,1956年に芹川ダムができて発電にも利用されるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分県中部を流れる川。由布(ゆふだけ)南西麓(ろく)に源を発し、由布院(ゆふいん)盆地の水を集め、雨乞岳(あまごいだけ)、城ヶ岳(じょうがだけ)南麓を東流、中流で阿蘇野(あその)川、小挾間(おばさま)川、芹(せり)川、下流で由布川などをあわせ大分平野西半部を形成し、別府湾に注ぐ。一級河川。延長55キロメートル、流域面積650平方キロメートル。灌漑(かんがい)面積9249ヘクタール。1956年(昭和31)完成の芹川ダムをはじめ、11か所に小発電所がある。近年、大分市、別府市の上水道用水としての価値も増大してきた。川に沿ってJR久大(きゅうだい)本線と国道210号が走る。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分川の関連情報