水木 京太(読み)ミズキ キョウタ

20世紀日本人名事典「水木 京太」の解説

水木 京太
ミズキ キョウタ

大正・昭和期の劇作家,演劇評論家



生年
明治27(1894)年6月16日

没年
昭和23(1948)年7月1日

出生地
秋田県横手町

本名
七尾 嘉太郎

学歴〔年〕
慶応義塾大学文科〔大正8年〕卒

経歴
在学中小山内薫に傾倒。大正9年「三田文学」の編集にたずさわり、慶応義塾大学講師として劇文学を担当。昭和5年丸善に入社し、雑誌「学鐙」を主宰。「東京朝日新聞」に劇評も書いた。戦後は月刊誌「劇場」の主幹を務めた。この間、多くの戯曲を発表し、作品に「殉死」「仲秋名月」「フォード躍進」、著書に「新劇通」、「戯曲集 福沢諭吉」などがある。イプセン研究でも有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「水木 京太」の解説

水木 京太 (みずき きょうた)

生年月日:1894年6月16日
大正時代;昭和時代の劇作家;演劇評論家
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android