コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水滸伝批判 すいこでんひはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水滸伝批判
すいこでんひはん

1973年後半頃の毛沢東の重要指示に始り,75年8月から全国的規模で展開された中国における修正主義批判の運動。小説『水滸伝』を反面教材として,修正主義,投降主義を徹底的に批判し,また周恩来鄧小平ら古参幹部を批判したもの。 75年8月 14日,毛沢東は北京大学教師との談話で『水滸伝』を批判した。政治局委員でイデオロギーおよび宣伝を主管する姚文元は新聞や雑誌で公開討論を組織し,同年9月4日『人民日報』は毛沢東の同意を得て,談話を公表,また同日の社説では『水滸伝』に対する討論,批判を中国政治思想戦線の重要な闘争と意義づけた。特に江青および「四人組」の「大批判グループ」は『水滸伝』評価の名目で,林彪事件後影響力をふやした周恩来,鄧小平をはじめ中央の重要なポストに復活した古参幹部を暗に批判した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

水滸伝批判の関連キーワード玄同放言

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android