コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水無瀬 みなせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水無瀬
みなせ

大阪府北東部,島本町南部,水無瀬川と淀川の合流点付近の地名。平安時代は桓武,嵯峨天皇らの狩猟地,大宮人行楽地として知られた。後鳥羽,土御門順徳の3上皇をまつる水無瀬神宮があり,付近は史跡に富む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みなせ【水無瀬】

大阪府北東部、島本町広瀬の古称後鳥羽上皇離宮のあったところで、上皇を祭る水無瀬神宮がある。水無瀬の里。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みなせ【水無瀬】

大阪府三島郡島本町の広瀬・東大寺付近の古地名。吉田東伍大日本地名辞書》には〈島本村大字広瀬是なり〉とあるが,古くは東大寺をも含んだ地域,すなわち水無瀬川が西岸につくった扇状地の名称である。この付近は,《日本後紀》などに〈水生野(みなせの)〉,《東大寺文書》に〈水成荘〉とあり,本来,水のつくった野つまり扇状地の意味である。この地域は,756年(天平勝宝8)東大寺に勅施入されて水無瀬荘となり,水陸交通の要衝ともなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水無瀬
みなせ

大阪府北東端、三島(みしま)郡島本町の天王山(てんのうざん)(270メートル)の西麓(せいろく)、水無瀬川と淀川の合流地。東大寺領水無瀬荘で山水の景勝地として知られ、平安時代には後鳥羽上皇の離宮が置かれた。「見渡せば山もと霞(かす)むみなせ川夕べは秋と何思ひけむ」(『新古今集』巻1)など古歌にも詠まれている。離宮跡には水無瀬神社がある。阪急電鉄京都線水無瀬駅がある。[樋口節夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水無瀬の関連キーワード大阪府三島郡島本町東大寺大阪府三島郡島本町水無瀬大阪府三島郡島本町広瀬大阪府三島郡島本町水無瀬三吟百韻後鳥羽天皇像島本(町)右衛門佐局土御門天皇久邇宮静子水無瀬親成水無瀬三吟大水無瀬島町尻具英光[市]藤原信実水無瀬家離宮の水坊門親信堀河康胤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水無瀬の関連情報