生世話(読み)キゼワ

百科事典マイペディアの解説

生世話【きぜわ】

歌舞伎脚本の世話物のうち,特に写実的な演出の要求される作品のこと。生世話狂言,真世話物ともいう。初世並木五瓶あたりから始まり,河竹黙阿弥によって完成された。演出の様式的な世話物は時代世話物という。
→関連項目市川小団次鶴屋南北松本幸四郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きぜわ【生世話】

歌舞伎用語。歌舞伎の演目の一種である世話物の中でも特に写実的要素の濃いものをいう語で,同時にそのような演技・演出をもさす。〈真世話(まぜわ)〉ともいう。生世話の〈生〉は生粋の意と思われ,徹底した世話,世話物中の世話物の謂(いい)であろう。生世話という称は,上方の狂言作者の間で歌舞伎脚本の分類用語として用いられてはいたが,文化・文政期(1804‐30)の作者4世鶴屋南北が登場するに至って,彼の新しい作風を称する語となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ぜわ【生世話】

〘名〙 (「き(生)」は生粋(きっすい)、純粋の意)
① (「せわ」は「せわもの(世話物)」の略) 歌舞伎の世話狂言のうち特に写実的傾向の著しい脚本。また、写実的な演出。→生世話物(きぜわもの)
※オリンポスの果実(1940)〈田中英光〉二〇「歌舞伎のオオソドックスに忠実だとはおもへません。まア羽左衛門あたりの生世話の風格ぐらゐが」
② 生世話狂言に描かれている庶民的、現実的な俗世間のこと。また、庶民的、現実的なやり方。
※歌舞伎・四天王産湯玉川(1818)五立「そんなら物事生世話(キゼワ)にして、跡で話を付けやせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の生世話の言及

【歌舞伎】より

…それは演技・演出の写実的傾向である。中村仲蔵,4世市川団蔵,5世松本幸四郎らによって,動作・風俗に〈正写し(しよううつし)〉すなわち写生的な物真似の芸を尊ぶ風が流行し始め,次の文化・文政期に〈生世話(きぜわ)〉の演技様式として展開を示す基になった。江戸の文化全般が,〈天明調〉からしだいに移り変わろうとしていた。…

※「生世話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報