コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水祝(い) ミズイワイ

デジタル大辞泉の解説

みず‐いわい〔みづいはひ〕【水祝(い)】

婿入り・嫁入りの際に当人に水を掛けて習俗。翌年の正月にもする。水掛け。水浴びせ。 新年》「鼻たれの男なりけり―/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

水祝【みずいわい】

初婿入りや嫁入りの際,または結婚後最初の神参りの帰りなどに,若者たちが婿に水をかける習俗。婿いじめの一種で,遠方からきた婿には特にきびしく行われたが,江戸時代に何度か禁令が出て廃絶。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の水祝(い)の言及

【婿いじめ】より

…この悪戯は婚礼後の年中行事の中でも行われ,婿のみでなく嫁にも加える地域がある。全国的な風習である水祝は,初婿入りや嫁入行列,小正月のおりなどに婿や嫁に若者たちが水をかけることで,婿逃げのときに水かけをする地域もある。水以外に泥,土,雪,松葉などを投げたり,婿の顔に墨つけをしたり,食膳に仕掛けをするというようにさまざまの方法で困らせた。…

※「水祝(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水祝(い)の関連キーワード水掛け・水懸け・水掛・水懸流れ灌頂水祝い野子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android