水祝(い)(読み)ミズイワイ

百科事典マイペディアの解説

水祝【みずいわい】

初婿入りや嫁入りの際,または結婚後最初の神参りの帰りなどに,若者たちが婿に水をかける習俗。婿いじめの一種で,遠方からきた婿には特にきびしく行われたが,江戸時代に何度か禁令が出て廃絶。もとは新郎に水を浴びせて祝福する意があったとされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みず‐いわい みづいはひ【水祝】

〘名〙
① 婚姻習俗の一つ。婚礼の時、または翌年の正月に、親戚・友人などが集まって、新郎に水を浴びせて祝福するもの。転じて、新郎・新婦に対して若者が水をかけて囃し、騒ぐこと。水浴びせ。水浴ぶせ。水かけ。水かけのことぶき。水かけ祝。水の賀。《季・新年》
俳諧時勢粧(1672)一「かごと計かけしや聟の水祝〈風虎〉」
田植のとき、早乙女が泥苗や水を、通りがかりの誰かれとなくかけ合う風習
③ 静岡県榛原郡地方で、船おろしの祝をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水祝(い)の言及

【婿いじめ】より

…この悪戯は婚礼後の年中行事の中でも行われ,婿のみでなく嫁にも加える地域がある。全国的な風習である水祝は,初婿入りや嫁入行列,小正月のおりなどに婿や嫁に若者たちが水をかけることで,婿逃げのときに水かけをする地域もある。水以外に泥,土,雪,松葉などを投げたり,婿の顔に墨つけをしたり,食膳に仕掛けをするというようにさまざまの方法で困らせた。…

※「水祝(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android