コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素欠乏星 すいそけつぼうせい

百科事典マイペディアの解説

水素欠乏星【すいそけつぼうせい】

スペクトル中に水素の線が全く見られないか,あるいはきわめて微弱な星。HD30353かんむり座R星がその例で,星の外層がなんらかの理由ではぎとられていると考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいそけつぼうせい【水素欠乏星 hydrogen deficient star】

スペクトルに水素の線がまったく見られないか,きわめて微弱な星。このような特異な星はまだ10個ほどしか知られていない。水素は宇宙の総質量の70%を占めるもっとも多量の元素であり,星の標準的スペクトル型には必ず水素のスペクトル線が存在する。たとえ水素の含有量の少ない星があったとしても,スペクトルにはほとんど変りはなく,むしろ逆に水素の線が増強される傾向があることが理論的に予想される。スペクトルに水素欠乏の兆候が現れるのは水素の含有量が正常値の1/105以下の場合に限られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

水素欠乏星の関連キーワードスペクトル特異星

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android