コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水谷長三郎 みずたに ちょうざぶろう

2件 の用語解説(水谷長三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水谷長三郎 みずたに-ちょうざぶろう

1897-1960 大正-昭和時代の政治家。
明治30年11月4日生まれ。昭和3年労働農民党から衆議院議員となる(当選12回)。のち社会大衆党に属し,15年斎藤隆夫議員除名に反対し除名された。戦後は社会党結成に参加し,片山・芦田両内閣で商工相。2次にわたる党分裂で右派を代表し,35年民社党結成にくわわった。昭和35年12月17日死去。63歳。京都出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水谷長三郎
みずたにちょうざぶろう
(1897―1960)

政治家。京都府生まれ。京都帝国大学在学中に労学会を組織、1927年(昭和2)労働農民党京都府連執行委員長となる。翌1928年第1回普通選挙で京都1区から当選、30歳の全国最年少議員であった。その後1936年議席を回復し、以来翼賛選挙(非推薦)を含め1960年(昭和35)まで11期連続当選、うち7回はトップ当選であり、「水長」の人気は京都市民の間で根強いものがあった。第二次世界大戦後、日本社会党結成に参加。片山哲、芦田均(あしだひとし)内閣の商工大臣を務め、炭鉱鉱内をフンドシ一つで見回ったため、「フンドシ大臣」の異名をとった。1960年民社党結成に加わるが同年12月17日死去した。[荒川章二]
『永末英一編『水谷長三郎伝』(1963・民主社会党本部教宣局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水谷長三郎の関連キーワード岩崎卯一小野重行河井弥八河野密島田久吉前田房之助武藤嘉一最上政三門司亮吉村茂樹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone