コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水路図誌 すいろずし

2件 の用語解説(水路図誌の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

水路図誌【すいろずし】

安全,能率的に航海するための図面と書誌。海図水路書誌からなり,後者は水路誌,航海表,灯台表,電波航路標識表,天測暦,潮汐(ちょうせき)表などを含む。
→関連項目水路部

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水路図誌
すいろずし

海図と水路書誌の総称。海図は陸上旅行者の地図、水路書誌は案内書に相当するもので、航海、停泊に必要なあらゆる参考資料を集めて編集され、日本では海上保安庁海洋情報部(旧水路部)から刊行されている。刊行区域は日本周辺、太平洋インド洋および付近諸海で、毎週1回無料で発行される水路通報によって、つねに内容を現状にあわせる努力が行われている。航海に必要な図誌の索引には、水路刊行物の総目録ともいうべき『水路図誌目録』を調べればよい。[川本文彦]
『沓名景義・坂戸直輝著『新訂 海図の知識』改訂版(1996・成山堂書店) ▽海上保安庁編・刊『水路図誌使用の手引』(2002) ▽板谷毅・藤井春三著『最新 航海読本』改訂版(2002・成山堂書店) ▽長谷川健二・平野研一著『地文航法』第5版(2003・海文堂出版) ▽海上保安庁編・刊『水路図誌目録 航空図を含む』各年版』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水路図誌の関連キーワード航海天文学航法堪航能力電波監理平面図遠洋航海業務管理潜航能率的チャンネルプラン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone