コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水路図誌 すいろずし

2件 の用語解説(水路図誌の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

水路図誌【すいろずし】

安全,能率的に航海するための図面と書誌。海図水路書誌からなり,後者は水路誌,航海表,灯台表,電波航路標識表,天測暦,潮汐(ちょうせき)表などを含む。
→関連項目水路部

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水路図誌
すいろずし

海図と水路書誌の総称。海図は陸上旅行者の地図、水路書誌は案内書に相当するもので、航海、停泊に必要なあらゆる参考資料を集めて編集され、日本では海上保安庁海洋情報部(旧水路部)から刊行されている。刊行区域は日本周辺、太平洋インド洋および付近諸海で、毎週1回無料で発行される水路通報によって、つねに内容を現状にあわせる努力が行われている。航海に必要な図誌の索引には、水路刊行物の総目録ともいうべき『水路図誌目録』を調べればよい。[川本文彦]
『沓名景義・坂戸直輝著『新訂 海図の知識』改訂版(1996・成山堂書店) ▽海上保安庁編・刊『水路図誌使用の手引』(2002) ▽板谷毅・藤井春三著『最新 航海読本』改訂版(2002・成山堂書店) ▽長谷川健二・平野研一著『地文航法』第5版(2003・海文堂出版) ▽海上保安庁編・刊『水路図誌目録 航空図を含む』各年版』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone