コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文章世界 ぶんしょうせかい

6件 の用語解説(文章世界の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文章世界
ぶんしょうせかい

文芸雑誌。 1906年3月~20年 12月。 204冊。創刊号から田山花袋が編集にあたり,作文練習のための投書誌であったが,08年頃から文芸誌に変貌,花袋を中心とする自然主義作家の牙城として,また同系新人の登竜門として重きをなすにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんしょうせかい〔ブンシヤウセカイ〕【文章世界】

文芸雑誌。明治39年(1906)創刊、大正10年(1921)1月「新文学」と改題、同年12月廃刊。田山花袋編集の投稿雑誌に始まり、自然主義文学運動の中心となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文章世界【ぶんしょうせかい】

文芸雑誌。1906年3月〜1920年12月,田山花袋を中心に博文館から発行。投書雑誌として出発したが,やがて《早稲田文学》などとともに自然主義文学の一拠点となり,島崎藤村桜の実の熟する時》,宇野浩二《蔵の中》や花袋,二葉亭四迷岩野泡鳴らの評論・随筆などを掲載。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしょうせかい【文章世界】

文芸雑誌。1906年(明治39)3月~20年(大正9)12月,博文館より刊,通巻204冊。終刊後,21年1月から《新文学》と改題し続刊したが,翌22年12月終刊。この雑誌は投書雑誌《中学世界》(1898年9月~1930年5月)に寄せられる原稿が多くなったので,田山花袋が主筆になり前田晁(あきら)(木城)と,やや専門化した投書雑誌として発刊したもの。のち,《早稲田文学》や《趣味》(1906年6月~10年7月)とともに小説や評論をかかげ,自然主義文学運動のひとつの拠点となって行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんしょうせかい【文章世界】

文芸雑誌。1906(明治39)~20年(大正9)博文館発行。通巻二〇四冊。田山花袋編集の投書雑誌として出発、文芸雑誌の色彩を濃くして、自然主義文学の一拠点となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文章世界
ぶんしょうせかい

文芸雑誌。1906年(明治39)3月~20年(大正9)12月。全204冊。その後、翌21年1月『新文学』と改題、12月廃刊。12冊。博文館発行。編集は田山花袋(かたい)、長谷川天渓(てんけい)、加能作次郎。初め投書中心の作文練習誌だったが、しだいに投稿文芸誌に変わり、国木田独歩(どっぽ)の『二老人』(1908)、島崎藤村(とうそん)の『桜の実の熟する時』(1914)、田山花袋の『インキ壺(つぼ)』(1909)などを載せ、自然主義全盛の時期にはその推進の拠点となった。しかし、投書雑誌としての特色が制約となって、純文学の雑誌へと発展できずに終わった。だが、投稿により一般読者を文学界に参加させ、さらにその投稿家を多数文壇に送り出した功績は大きく、久保田万太郎、内田百(ひゃっけん)、岡田三郎、浜田広介(ひろすけ)、水野仙子らの作家がここから育った。[畑 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文章世界の関連キーワードしがらみ草紙新思潮新小説文芸文芸倶楽部佐藤義亮芸文磯野秋渚松浦脩文芸雑誌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文章世界の関連情報