コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文章世界 ぶんしょうせかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文章世界
ぶんしょうせかい

文芸雑誌。 1906年3月~20年 12月。 204冊。創刊号から田山花袋が編集にあたり,作文練習のための投書誌であったが,08年頃から文芸誌に変貌,花袋を中心とする自然主義作家の牙城として,また同系新人の登竜門として重きをなすにいたった。 13年4月号から長谷川天渓が,17年7月号から加能作次郎が編集を受継ぎ海外文学の紹介も盛んに行なって,加藤武雄中村武羅夫,木村毅ら多くの新人を育てた。終刊の翌年『新文学』と改題して続刊が試みられたが,その年内に廃刊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんしょうせかい〔ブンシヤウセカイ〕【文章世界】

文芸雑誌。明治39年(1906)創刊、大正10年(1921)1月「新文学」と改題、同年12月廃刊。田山花袋編集の投稿雑誌に始まり、自然主義文学運動の中心となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

文章世界【ぶんしょうせかい】

文芸雑誌。1906年3月〜1920年12月,田山花袋を中心に博文館から発行。投書雑誌として出発したが,やがて《早稲田文学》などとともに自然主義文学の一拠点となり,島崎藤村《桜の実の熟する時》,宇野浩二蔵の中》や花袋,二葉亭四迷岩野泡鳴らの評論・随筆などを掲載。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしょうせかい【文章世界】

文芸雑誌。1906年(明治39)3月~20年(大正9)12月,博文館より刊,通巻204冊。終刊後,21年1月から《新文学》と改題し続刊したが,翌22年12月終刊。この雑誌は投書雑誌《中学世界》(1898年9月~1930年5月)に寄せられる原稿が多くなったので,田山花袋が主筆になり前田晁(あきら)(木城)と,やや専門化した投書雑誌として発刊したもの。のち,《早稲田文学》や《趣味》(1906年6月~10年7月)とともに小説や評論をかかげ,自然主義文学運動のひとつの拠点となって行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんしょうせかい【文章世界】

文芸雑誌。1906(明治39)~20年(大正9)博文館発行。通巻二〇四冊。田山花袋編集の投書雑誌として出発、文芸雑誌の色彩を濃くして、自然主義文学の一拠点となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文章世界
ぶんしょうせかい

文芸雑誌。1906年(明治39)3月~20年(大正9)12月。全204冊。その後、翌21年1月『新文学』と改題、12月廃刊。12冊。博文館発行。編集は田山花袋(かたい)、長谷川天渓(てんけい)、加能作次郎。初め投書中心の作文練習誌だったが、しだいに投稿文芸誌に変わり、国木田独歩(どっぽ)の『二老人』(1908)、島崎藤村(とうそん)の『桜の実の熟する時』(1914)、田山花袋の『インキ壺(つぼ)』(1909)などを載せ、自然主義全盛の時期にはその推進の拠点となった。しかし、投書雑誌としての特色が制約となって、純文学の雑誌へと発展できずに終わった。だが、投稿により一般読者を文学界に参加させ、さらにその投稿家を多数文壇に送り出した功績は大きく、久保田万太郎、内田百(ひゃっけん)、岡田三郎、浜田広介(ひろすけ)、水野仙子らの作家がここから育った。[畑 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文章世界の関連キーワード飛鳥田 孋無公中谷 徳太郎悦田 喜和雄加能 作次郎三津木 春影徳永 寿美子坂本 石創川浪 磐根井出 八井北尾 亀男細田 民樹西村 渚山橋本 邦助西出 朝風博文館新館塚越 享生霜田 史光三上於菟吉中村 弧月水野仙子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文章世界の関連情報