水食/水蝕(読み)スイショク

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐じき【水食】

〘名〙 水と食料。水を飲み、食物をとること。飲食。
義経記(室町中か)六「判官(はうぐゎん)の御菩提を弔ひて、わが御身をばすいじきを止めて、七十余にて往生(わうじゃう)を遂げられける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水食/水蝕の言及

【土壌浸食】より

…土壌が降雨,融雪,融氷,流水または風の作用によって,地表から流亡もしくは飛散して土地が荒廃する現象。水の作用に起因するものを水食,風の作用によるものを風食という。土壌浸食が風化の過程と均衡を保ち緩慢に進行するものを正常浸食,地質浸食,自然浸食などという。…

※「水食/水蝕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android