コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水食/水蝕 スイショク

デジタル大辞泉の解説

すい‐しょく【水食/水×蝕】

[名](スル)雨水・流水波浪などが地表面を削っていくこと。水による浸食作用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水食/水蝕の言及

【土壌浸食】より

…土壌が降雨,融雪,融氷,流水または風の作用によって,地表から流亡もしくは飛散して土地が荒廃する現象。水の作用に起因するものを水食,風の作用によるものを風食という。土壌浸食が風化の過程と均衡を保ち緩慢に進行するものを正常浸食,地質浸食,自然浸食などという。…

※「水食/水蝕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水食/水蝕の関連キーワード鈴木 与平(6代目)江戸時代(年表)異国船打払令安房神社遺跡村上 芳雄由布川渓谷ガバルニー表土喪失村上芳雄土壌浸食農地保全切峰面厳美渓太湖石浸食谷雨水鞍部

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android