コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永宗島 えいしゅうとう

百科事典マイペディアの解説

永宗島【えいしゅうとう】

韓国,仁川広域市の西側にある島で,中区に属する。面積39.9km2。農業と漁業を主とする島だったが,ソウル近郊の金浦国際空港が飽和状態のため,ここに2001年3月東アジアのハブ空港を目指して仁川国際空港が開港した。
→関連項目仁川ソウル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永宗島
えいそうとう / ヨンチョンド

韓国(大韓民国)、仁川(じんせん/インチョン)広域市の沖合い4キロメートルにある島。面積34平方キロメートル。最高峰である白雲峰のほかはほぼ標高100メートル内外の丘陵からなる。標高20~40メートルまでは稲作、それ以上の高地では畑が広がり、最近ではナシ、ブドウなどの果樹栽培が増加している。北部の石花山付近は牧場の適地。また養殖によるカキ、ハマグリなども生産している。2001年3月には仁川国際空港が開港した。[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永宗島の関連キーワードソウル仁川国際空港ソウル金浦国際空港ヨンジョンド江華島事件京畿湾京畿道