コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永平清規 えいへいしんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永平清規
えいへいしんぎ

道元著。2巻。正確には『永平元禅師清規』。曹洞宗の開祖道元が,曹洞教団の守るべき規則や理想を記したもの。寛文7 (1667) 年にまとめられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいへいしんぎ【永平清規】

鎌倉時代の仏教書。2巻。道元著。禅寺での規則やその意義を教示典座(てんぞ)教訓・弁道法・赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)(食事作法)など6編からなる。永平道元禅師清規。永平大清規。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいへいしんぎ【永平清規】

〔「清規」は禅宗寺院の生活規則〕
道元の記した曹洞教団の生活規律や理想を集めたもの。二巻。正式には永平道元禅師清規。永平大清規。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永平清規
えいへいしんぎ

鎌倉時代の仏書。日本曹洞(そうとう)宗の開祖道元(どうげん)の主著の一つ。江戸時代に『日域(にちいき)曹洞初祖道元禅師清規』として6巻2冊に編集開版されたもの。『永平(大)清規』は通称。道元が開創した興聖寺(こうしょうじ)(京都府)、大仏寺(永平寺の前身)、永平寺(福井県)などにおいて、それぞれ個別に漢文体で撰述(せんじゅつ)された6編の実践修道の規範をまとめたものである。その内容は、(1)禅寺における炊事担当者(典座(てんぞ))の仏道実現者としてのあり方を示した「典座教訓」、(2)僧堂の一日夜における大衆一如(だいしゅういちにょ)の修行を示した「弁道法」、(3)朝昼の食事の意義と作法を説いた「赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)」、(4)衆寮(しゅりょう)における読経、勉学、応対などの戒めを説いた「衆寮箴規(しんぎ)」、(5)先輩の知識に対する尊崇のあり方を示した「対大己五夏闍梨法(たいたいこごげじゃりほう)」、(6)禅院の運営をつかさどる重職(四知事(しちじ))の正しいあり方を説いた「知事清規」からなっている。[小坂機融]
『鏡島元隆・玉城康四郎編『道元の著作』(『講座道元 第3巻』1980・春秋社) ▽篠原寿雄著『永平大清規――道元の修道規範』(1980・大東出版) ▽安藤文英著『永平大清規通解』(1981・鴻盟社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永平清規の関連キーワード鎌倉時代典座教訓衆寮喝食

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android