コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連合赤軍事件 れんごうせきぐんじけん

3件 の用語解説(連合赤軍事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連合赤軍事件
れんごうせきぐんじけん

連合赤軍によるリンチ事件。 1972年2月から3月にかけて群馬県下で 12死体,千葉県下で2死体の合計 14死体が発見された。これは共産主義者同盟赤軍派と日本共産党革命左派京浜安保共闘が合同した連合赤軍が,71年8月から 72年2月にかけて同志を「規律違反」「日和見主義」「スパイ」の理由で処刑したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

連合赤軍事件

大学闘争の後、武装した左翼グループ栃木県真岡市で猟銃を強奪。72年2月、山岳アジトを移動して長野県の「あさま山荘」に立てこもり、警察と銃撃戦を繰り広げた。「総括」と称して群馬県内で仲間12人をリンチ殺人、遺体を山中に埋めた。

(2007-01-29 朝日新聞 朝刊 群馬県央 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連合赤軍事件
れんごうせきぐんじけん

1971~1972年(昭和46~47)に起きた連合赤軍による一連の事件。連合赤軍は、1971年7月、「世界同時革命」を唱える赤軍派と、「一国革命」論にたつ京浜安保共闘の合体によって結成された「軍事組織」であり、群馬県の山岳地帯を中心に軍事訓練を重ねていた。1972年2月、警察の山狩りにより最高幹部の森恒夫(1944―1973)、永田洋子(1945―2011)が逮捕されたあと、坂口弘(1946― )ら5名が軽井沢の河合(かわい)楽器保養所「あさま山荘」に管理人の妻を人質にとって立てこもった。警官隊との間で10日間に及ぶ攻防戦が行われたが、2月28日警察側の突入によって人質は救出され、5名は逮捕された。その間、坂口らの銃撃により警官2名、民間人1名が死亡した。事件の全経過はテレビで中継され、全国民の耳目を集めた。あさま山荘事件の落着後、連合赤軍内部で前年以来、山岳基地を中心に「総括」と称するリンチ殺人が行われていたことが判明した。森と永田の決定により「党規違反」の名目で処刑された14名の「兵士」の死体が発掘され(1972年3月)、内外に強い衝撃を与えた。以後、新左翼諸党派は混迷の季節に入った。このような異常行動の背景としては、指導部にあったエリート意識、連合組織であるがゆえの路線上の対立などがあげられている。主犯格のうち、森は翌1973年1月東京拘置所で自殺。1983年6月東京地裁で永田、坂口に死刑、「兵士」植垣康博に懲役20年の判決が下された。1986年9月東京高裁は被告側の控訴を棄却、1993年2月最高裁は東京高裁判決を支持する判決を言い渡した。永田は2011年(平成23)2月に東京拘置所内で病死した。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連合赤軍事件の関連キーワードセンチネルリンパ節実録・連合赤軍 あさま山荘への道程レッド 1969〜1972ベルリン協定あさま山荘事件連合赤軍とリンチ殺人大陸封鎖令(ベルリン勅令)坂口弘永田洋子坂東国男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連合赤軍事件の関連情報