コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイ

デジタル大辞泉の解説

えい【永】

永楽銭」の略。
江戸時代、永楽銭の通用禁止の後、伊勢以東の幕府領において、便宜的に年貢・物価などの計算基準として用いられた銭貨の名目的な名称。

えい【永】[漢字項目]

[音]エイ(漢) ヨウ(ヤウ)(呉) [訓]ながい
学習漢字]5年
〈エイ〉時間が長く続く。久しい。「永遠永久永劫(えいごう)永続永年
〈なが〉「永年日永
[名のり]つね・とお・なが・ながし・のぶ・のり・はるか・ひさ・ひさし・ひら
[難読]永久(とこしえ)永久(とこしなえ)永久(とわ)永劫(ようごう)

よう【永/影】[漢字項目]

〈永〉⇒えい
〈影〉⇒えい

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えい【永】

「永楽銭」の略。
1608年、幕府が永楽銭の通用を禁じた時、主に関東の畑作貢租や物価表示に用いた銭貨の名目的呼称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


えい

永楽銭(えいらくせん)の略称。江戸初期、関東では永楽銭が標準通貨としての地位を占め、江戸幕府は初め銭勘定に永楽銭を用いていた。しかし、1608年(慶長13)、金銭の比価を定めるにあたって、金1両は永楽銭1貫文、銭4貫文と公定し、永楽銭の通用を禁じた。以後、永楽銭は流通しなくなったが、幕府はこれまでの取引の旧慣を尊重し、また、金貨幣が両、分、朱の四進法で不便であることもあって、永楽銭の呼称である永をそのまま金貨の補助計算単位とした。たとえば、金1両とその5分の1であれば、1両永200文とした。[吉永 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

永の関連キーワード久子内親王(2)ヨンティンホーパクヒョンヨンモンゴル襲来大法正眼国師ヨンティン川永久の別れイ・ギヨン本木仁太夫大蔵永季度会貞永柏崎具元足利永隆狩野永玄瑞子女王永代小作永久小作元田東野渡辺幻外松尾但馬

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永の関連情報