コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江口きち えぐち きち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江口きち えぐち-きち

1913-1938 昭和時代前期の歌人。
大正2年11月23日生まれ。生地の群馬県川場村で飲食店をいとなみ,生活力のない父と兄をやしなう。昭和6年ごろから河井酔茗(すいめい),島本久恵夫妻の「女性時代」に歌を投稿。素朴でひたむきな異色の歌風で高い評価をえるが,生活苦と恋の悩みから昭和13年12月2日服毒自殺。26歳。没後「武尊(ほたか)の麓」が刊行された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江口きちの関連キーワード江口 きち

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android