コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島本久恵 しまもと ひさえ

2件 の用語解説(島本久恵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島本久恵 しまもと-ひさえ

1893-1985 大正-昭和時代の小説家。
明治26年2月2日生まれ。雑誌「婦人之友」記者となり,詩人河井酔茗(すいめい)と結婚。昭和5年酔茗とともに「女性時代」を創刊。8年から同誌に祖母・母・子3代にわたる自伝的小説「長流」を連載,28年かけて完成させる。42年「明治の女性たち」で芸術選奨。ほかに「鱗片記」「貴族」など。昭和60年6月27日死去。92歳。大阪出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島本久恵
しまもとひさえ
(1893―1985)

小説家。大阪生まれ。13歳で父と死別、母の片腕となって家計を助けながら文学を志し、『女子文壇』に詩歌を投稿、その編集者河井酔茗(すいめい)に認められ、1913年(大正2)上京、『婦人之友』社の記者となり、23年酔茗と一家を構えた。24年処女小説『失明』を発表。30年(昭和5)酔茗に協力して『女性時代』を創刊し、同誌に33年から、祖母・母・自身の3代の伝記と酔茗周辺の詩人群像を描き出した自伝的大長編小説『長流』の連載を始めた(1961完結)。同年第一小説集『鱗片記(りんぺんき)』を刊行。酔茗没後は詩誌『塔影』を主宰。評伝『明治の女性たち』(1966。芸術選奨受賞)、『明治詩人伝』(1966~67)、小説『貴族』上下(1973)などがある。[橋詰静子]
『『明治の女性たち』(1966・みすず書房) ▽古川清彦「河井酔茗評伝」(『日本文学研究』所収・1951.5・誠和書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

島本久恵の関連キーワード朝鮮映画皮革工業東京大学指紋押捺制度世界女性会議SF映画東京(都)グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩有村明

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone