コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島本久恵 しまもと ひさえ

2件 の用語解説(島本久恵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島本久恵 しまもと-ひさえ

1893-1985 大正-昭和時代の小説家。
明治26年2月2日生まれ。雑誌「婦人之友」記者となり,詩人河井酔茗(すいめい)と結婚。昭和5年酔茗とともに「女性時代」を創刊。8年から同誌に祖母・母・子3代にわたる自伝的小説「長流」を連載,28年かけて完成させる。42年「明治の女性たち」で芸術選奨。ほかに「鱗片記」「貴族」など。昭和60年6月27日死去。92歳。大阪出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島本久恵
しまもとひさえ
(1893―1985)

小説家。大阪生まれ。13歳で父と死別、母の片腕となって家計を助けながら文学を志し、『女子文壇』に詩歌を投稿、その編集者河井酔茗(すいめい)に認められ、1913年(大正2)上京、『婦人之友』社の記者となり、23年酔茗と一家を構えた。24年処女小説『失明』を発表。30年(昭和5)酔茗に協力して『女性時代』を創刊し、同誌に33年から、祖母・母・自身の3代の伝記と酔茗周辺の詩人群像を描き出した自伝的大長編小説『長流』の連載を始めた(1961完結)。同年第一小説集『鱗片記(りんぺんき)』を刊行。酔茗没後は詩誌『塔影』を主宰。評伝『明治の女性たち』(1966。芸術選奨受賞)、『明治詩人伝』(1966~67)、小説『貴族』上下(1973)などがある。[橋詰静子]
『『明治の女性たち』(1966・みすず書房) ▽古川清彦「河井酔茗評伝」(『日本文学研究』所収・1951.5・誠和書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島本久恵の関連キーワード土師清二金子洋文川崎長太郎池田蘭子今野賢三下村千秋諏訪三郎津村京村寺崎浩寺本忠雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone