コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江島生島物 えじまいくしまもの

世界大百科事典 第2版の解説

えじまいくしまもの【江島生島物】

歌舞伎狂言の一系統。江戸城の奥女中江(絵)島と歌舞伎役者生島新五郎情話に取材したもの。この江島事件は1714年(正徳4),大年寄(おおどしより)江島山村座の役者新五郎となじみを重ねたことが発覚,江島は信州高遠に,生島は三宅島に流罪,関係者1000余名が処分され,山村座は廃絶になったというもの。徳川家に関連する不祥事として江戸時代には脚色が許されなかったが,維新後は1870年(明治3)河竹黙阿弥の《宝萊曾我島物語》に扱われたのをはじめ劇化も多くなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android