江崎孝坪(読み)えざき こうへい

美術人名辞典の解説

江崎孝坪

日本画家。長野県生。名は孝平。初め蔦谷龍岬に、のち前田青邨師事帝展入選を重ね、新文展では特選日展では審査員を務めた。また時代考証などに造詣が深く、黒沢明の映画「七人の侍」の衣装考証をはじめ歌舞伎の舞台装置、吉川英治作『太閤記』の挿絵等多方面で活躍した。昭和38年(1963)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江崎孝坪 えざき-こうへい

1904-1963 昭和時代の日本画家。
明治37年6月15日生まれ。前田青邨(せいそん)に師事,歴史風俗画をえがく。昭和2年帝展に「晩秋」が初入選,以後官展に出展。のち,吉川英治「太閤(たいこう)記」の挿絵,映画「七人の侍」の衣装考証,歌舞伎「新忠臣蔵」の舞台装置制作など,多彩な活動をした。昭和38年6月27日死去。59歳。長野県出身。本名は孝平。作品に「撃て」「像造」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android