江戸川紙(読み)エドガワガミ

大辞林 第三版の解説

えどがわがみ【江戸川紙】

東京都文京区を流れる江戸川付近で製した和紙。主に書簡用紙とされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸川紙
えどがわがみ

東京・小石川の江戸川(神田川)のほとりで1868年(明治1)から製造された和紙。この付近は掘り井戸の揚水量も多く、水質もよいので、ミツマタ(三椏)を主原料とした改良漂白法による白色でしかも良質の半紙が抄造され、江戸川半切(はんせつ)の名で人気を得た。そして製紙業は、『新撰(しんせん)東京名所図絵』(1906)にも載るほどの盛況を呈した。しかし機械漉(ず)きの洋紙が出回るころから急速に衰退し、大正末期には姿を消した。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えどがわ‐がみ えどがは‥【江戸川紙】

〘名〙 和紙の一種。明治の初期、今の東京都文京区を流れる江戸川付近で製された手すき紙。三椏(みつまた)を主材料とし、面が平滑で光沢があるので、証券用紙などに使われたが、のち、おもに書簡用。
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「江戸川紙の大きな封書が現はれ出た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android