コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池上鎌三 いけがみけんぞう

2件 の用語解説(池上鎌三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池上鎌三
いけがみけんぞう

[生]1900.11.22. 長野
[没]1956.1.29. 東京
哲学者。ディルタイフッサールハイデガーなど生の哲学,現象学,実存哲学を基礎に文化哲学の樹立に努めた。主著『文化哲学基礎論』 (1939) ,『知識哲学原論』 (46) など。また,フッサールの『純粋現象学と現象学的哲学のための諸考察』 Ideen zu einer reinen Phänomenologie und phänomenologische Philosophieの翻訳により,現象学を日本に本格的に紹介。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池上鎌三 いけがみ-けんぞう

1900-1956 昭和時代の哲学者。
明治33年11月12日生まれ。昭和20年母校東京帝大の教授。新カント派の哲学を研究し,生の哲学,現象学の紹介につとめた。昭和31年1月29日死去。55歳。長野県出身。著作に「論理学」「文化哲学基礎論」,翻訳にフッサール「純粋現象学及現象学的哲学考察」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

池上鎌三の関連キーワード樽野武雄階乗合同NNかMか長野県きのこの日長野県りんごの日長野県長野市南長野Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone