コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田章政 いけだ あきまさ

3件 の用語解説(池田章政の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

池田章政

岡山藩主。名は詮政・政銓、通称満次郎、号は琢堂。吉相良頼之の次男、茂政の養嗣子。東京本所住。戊辰戦争で功績をあげ議定職につき、華族に列し侯爵を授けられた。明治36年(1961)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田章政 いけだ-あきまさ

1836-1903 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)7年5月3日生まれ。肥後(熊本県)人吉藩主相良頼之(さがら-よりゆき)の次男。池田政善(まさよし)の養子。弘化(こうか)4年備中(びっちゅう)岡山新田(鴨方(かもがた))藩主池田家9代。慶応4年宗家藩主池田茂政(もちまさ)の陣代として幕府側の姫路藩を追討。茂政の跡をつぎ,備前岡山藩主池田家10代となり,政詮(まさのり)から章政に改名した。明治11年第十五国立銀行頭取。侯爵。貴族院議員。明治36年6月5日死去。68歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田章政
いけだあきまさ

[生]天保7(1836).5.3. 肥後,人吉
[没]1903.6.5. 岡山
江戸時代末期の岡山藩主。侯爵。相良頼之の次男。備前支藩鴨方藩主の養嗣子となり,慶応4 (1868) 年1月,本藩藩主の代理として藩兵を統率し新政府に加わる。同年3月,茂政の跡を継いで藩主となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の池田章政の言及

【岡山藩】より

…備前国(岡山県)岡山に藩庁を置いた外様大藩。歴代藩主は池田氏で,備前一国28万9000石と備中領分2万6000石を合わせて31万5000石を領知した。戦国大名宇喜多秀家が関ヶ原の戦で没落し,代わって入城した小早川秀秋も,1602年(慶長7)卒去し無嗣のため断絶した。宇喜多・小早川両氏とも備前・美作両国などで約50万石を領したが,その末路は悲運であった。03年岡山城主になった池田忠継(姫路城主池田輝政の次男)以降,12代268年にわたって池田氏による領知が廃藩までつづいた。…

※「池田章政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池田章政の関連キーワード猪野道教五島盛徳津軽承叙土岐頼知堀親広本多忠伸松平頼英松浦脩森俊滋山名義済

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone