コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙鍋屯洞窟 しゃかとんどうくつ Sha-guo-tun

2件 の用語解説(沙鍋屯洞窟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沙鍋屯洞窟
しゃかとんどうくつ
Sha-guo-tun

中国遼寧省錦県沙鍋屯にある石器時代の遺跡。 1921年 J.アンダーソンによって発掘調査された。石灰岩の洞窟は長さ 6m,幅2~3mほどで,厚手の粗質土器,薄手の良質土器,彩陶,人骨,獣骨などが含まれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さかとんどうくつ【沙鍋屯洞窟 Shā guō tún dòng kū】

中国,遼寧省錦西県沙鍋屯にある新石器時代洞窟遺跡。1921年J.G.アンダーソンが調査。洞窟は石灰岩の山麓にあり,奥行き6m,幅2.2~2.5m,堆積層の厚さ2.2mの小規模なものである。遺物は磨製石器と細石器の伝統を残す打製石器仰韶文化風の彩陶片,縄蓆文や刻文または貼付文の粗質土器,竜山様式の無文の良質黒色土器,骨器,装身具などがある。先史時代の文化層は6層に細分される。アンダーソンはこの堆積層を同一時期のものと考えたが,最下層の細石器と彩陶に代表される層は紅山第1期文化に,また第2層の人骨,骨器と装飾品は紅山第2期文化に相当し,中原の東周にあたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沙鍋屯洞窟の関連キーワード仰韶遺跡櫛目文土器新石器時代石鏃石器時代中石器時代巨石文化新石器スカラブラエ新石器時代汀線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone