コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙鍋屯洞窟 しゃかとんどうくつSha-guo-tun

2件 の用語解説(沙鍋屯洞窟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沙鍋屯洞窟
しゃかとんどうくつ
Sha-guo-tun

中国遼寧省錦県沙鍋屯にある石器時代の遺跡。 1921年 J.アンダーソンによって発掘調査された。石灰岩の洞窟は長さ 6m,幅2~3mほどで,厚手の粗質土器,薄手の良質土器,彩陶,人骨,獣骨などが含まれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかとんどうくつ【沙鍋屯洞窟 Shā guō tún dòng kū】

中国,遼寧省錦西県沙鍋屯にある新石器時代洞窟遺跡。1921年J.G.アンダーソンが調査。洞窟は石灰岩の山麓にあり,奥行き6m,幅2.2~2.5m,堆積層の厚さ2.2mの小規模なものである。遺物は磨製石器と細石器の伝統を残す打製石器仰韶文化風の彩陶片,縄蓆文や刻文または貼付文の粗質土器,竜山様式の無文の良質黒色土器,骨器,装身具などがある。先史時代の文化層は6層に細分される。アンダーソンはこの堆積層を同一時期のものと考えたが,最下層の細石器と彩陶に代表される層は紅山第1期文化に,また第2層の人骨,骨器と装飾品は紅山第2期文化に相当し,中原の東周にあたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone