コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田頼徳 さわだ よりのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢田頼徳 さわだ-よりのり

1823-1896 幕末-明治時代の神職,国学者。
文政6年6月4日生まれ。嘉永(かえい)3年代々の武蔵(むさし)入間郡(埼玉県)藤沢村の熊野神社神職をつぐ。明治7年から4年間奈良の石上(いそのかみ)神社の禰宜(ねぎ)をつとめた。帰郷後は子弟の教育にあたる。明治29年3月6日死去。74歳。名ははじめ頼悳(よりよし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

沢田頼徳 (さわだよりのり)

生年月日:1823年6月4日
江戸時代後期;末期;明治時代の神職、国学者
1896年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

沢田頼徳の関連キーワード生年月日明治時代国学者末期

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android