コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢野含斎 さわの がんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢野含斎 さわの-がんさい

1828-1903 江戸後期-明治時代の儒者。
文政11年生まれ。生地の出雲(いずも)松江雨森精斎(あめのもり-せいさい)に,江戸で昌谷精渓(さかや-せいけい),安積艮斎(あさか-ごんさい)に,上方で藤沢東畡(とうがい)らに師事した。元治(げんじ)元年(1864)松江藩につかえ,侍講,藩校修道館の教官をつとめた。維新後は私塾をひらいた。明治36年2月死去。76歳。名は修。字(あざな)は詢叔。通称は修輔。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沢野含斎の関連キーワード日露戦争史(年表)宇田川榕菴ドビュッシーサグラダ・ファミリア教会カションサマーズツンベリーパークスフェントンユンケル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android