コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河内山宗俊 コウチヤマソウシュン

3件 の用語解説(河内山宗俊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうちやまそうしゅん〔かふちやまソウシユン〕【河内山宗俊】

歌舞伎狂言「天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)」の登場人物。→河内山宗春
山中貞雄監督による映画の題名。昭和11年(1936)公開。出演、河原崎長十郎原節子中村翫右衛門ほか。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河内山宗俊

没年:文政6(1823)
生年:生年不詳
江戸後期の茶坊主。宗春とも。父宗久は江戸城奥坊主組頭50俵高。幕閣に隠然たる勢力をふるった中野石翁の後ろ盾で宗俊は諸大名の秘密を握り,御三家水戸藩をかげ富(幕府に隠れた富くじ)を理由にゆすった。江戸下谷練塀小路の家は床柱に磔柱を使い,ドクロの柄を染めた縮緬の単衣を着ていたというから,悪党礼讃の江戸っ子の好みに合った。松林伯円(2代)の講談「天保六花撰」中の宗俊,直侍(片岡直次郎),金子市之丞 ,遊女三千歳は実在。歌舞伎河竹黙阿弥の「天衣紛上野初花」。浪曲は木村一門の「河内山玄関先」に名高いが,文政年間に獄死したのになぜ天保六花撰というかは不明。<参考文献>吉原健一郎『藤岡屋日記

(平岡正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河内山宗俊
こうちやまそうしゅん

生没年不詳。実名は宗春。実録本『河内山実伝』によると、お数寄屋(すきや)坊主ながら幕府の実力者中野碩翁(せきおう)を後ろ盾にして、はぶりをきかせ、上野寛永寺(かんえいじ)の使僧と偽って松平出羽守(でわのかみ)邸で恐喝を働くなどの悪事により入獄、1823年(文政6)に牢死(ろうし)したという。幕末から明治にかけ、講釈師松林伯円(しょうりんはくえん)が自ら立案した長編読物『天保六花撰(てんぽうろっかせん)』のなかで活躍させ、さらに河竹黙阿弥(もくあみ)が歌舞伎世話狂言『天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)』(1881)に義賊肌の大悪党として脚色、9世市川団十郎が演じて、広く知られるようになった。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の河内山宗俊の言及

【天衣紛上野初花】より

…通称《河内山と直侍》。配役は河内山宗俊を9世市川団十郎,片岡直次郎を5世尾上菊五郎,金子市之丞・比企東左衛門を初世市川左団次,筆職人寺田幸兵衛・高木小左衛門を中村宗十郎,松江出雲守・手代半七を坂東家橘(14世市村羽左衛門),暗闇の丑松・宮崎数馬を5世市川小団次,按摩丈賀を尾上梅五郎(のちの4世尾上松助),三千歳・腰元浪路を8世岩井半四郎ほか。松林伯円の講談《天保六花撰》の脚色で,すでに7年前に《雲上野三衣策前(さんえのさくまえ)》として東京河原崎座で上演しているが,改めて大一座のために書き直したものである。…

【河内山宗春】より

…幕府奥坊主頭の家に生まれ,水戸家でゆすりを働き捕らえられ獄死した。実録本《河内山実伝》と2世松林伯円作の講談《天保六花撰》(明治初年成立)によれば上野の使僧の名を詐称し,井伊侯(講談では雲州侯)邸でかたりを働いたことになっているが,この話は《男作五雁金(おとこだていつつかりがね)》(竹田出雲作,1742初演)のうち,案(あん)の平兵衛が呉服屋山川屋を助けるくだりを換骨奪胎したものとみられる。宗春は実録本では宗心,歌舞伎では宗俊とされて,舞台化は河竹黙阿弥によって講釈から脚色,1874年《雲上野三衣策前(くものうえのさんえのさくまえ)》として初演,1881年3月新富座で《天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)》として改作上演された。…

※「河内山宗俊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河内山宗俊の関連情報