コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河島醇 かわしま じゅん

3件 の用語解説(河島醇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河島醇 かわしま-じゅん

1847-1911 明治時代の官僚,政治家。
弘化(こうか)4年3月6日生まれ。明治7年外務省書記官となり,ドイツなどの公使館に勤務。帰国後,大蔵省参事官をへて23年衆議院議員(当選4回,議員倶楽部)。30年日本勧業銀行総裁。のち滋賀・福岡の県知事,北海道庁長官を歴任。貴族院議員。明治44年4月28日死去。65歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

河島醇 かわしま-あつし

かわしま-じゅん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河島醇

没年:明治44.4.28(1911)
生年:弘化4.3.6(1847.4.20)
明治期の官僚,政治家。父は薩摩藩(鹿児島県)藩士河島新五郎。号は盤谷。藩校造士館で学ぶ。戊辰戦争で会津攻略などに参加したのち明治3(1870)年東伏見宮嘉彰(のちに小松宮彰仁)親王の英国留学に随行。7年,外務省1等書記官としてドイツ公使館勤務を命じられ,以後露,オーストリア各公使館に勤務しながら各地の大学で法律,経済,財政などを学ぶ。帰国後,15年伊藤博文の憲法調査の渡欧に随い,主にシュタインから行政学を学んだ。18年大蔵省参事官中村元雄,加藤済と並んで大蔵3人男と称せられたが,憲政に関する意見書が受け入れられず辞職した。第1回衆院議員選挙(1890)には鹿児島から出馬して当選し自由党に所属したが,第3議会以後は同盟倶楽部,立憲革新党,議員倶楽部などを転々とし対外硬論を唱えた。30年議員を辞職し,日本勧業銀行総裁に就任したが,人件費抑制策などを株主が批判したために辞任。その後滋賀,福岡両県知事,北海道庁長官を歴任。剛毅,豪傑の人といわれる。36年貴族院勅選議員。<参考文献>河野弘善『河島醇伝―日本勧業銀行初代総裁』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河島醇の関連キーワード鹿児島藩薩摩薩摩茶屋薩摩藩の琉球侵攻鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名鹿児島県薩摩郡大迫貞清折田兼至樺山資美蒲生仙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone