コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通時 こうの みちとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通時 こうの-みちとき

?-1281 鎌倉時代の武将。
河野通継(みちつぐ)の弟。弘安(こうあん)4年の蒙古(もうこ)襲来の際,甥(おい)の河野通有とともに伊予(いよ)(愛媛県)の水軍をひきいて博多湾に出陣。6月6日から7日にかけての志賀島(しかのしま)の戦いで,蒙古の軍船に小舟で奇襲をかけ功をたてるが,負傷し舟中で死去した。通称は四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河野通時の関連キーワード少弐資能ワレルマルチヌス4世郭守敬元寇鷹島(たかしま)沖海底遺跡元寇許衡元寇弘安の役

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android