河野通時(読み)こうの みちとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通時 こうの-みちとき

?-1281 鎌倉時代の武将。
河野通継(みちつぐ)の弟。弘安(こうあん)4年の蒙古(もうこ)襲来の際,甥(おい)の河野通有とともに伊予(いよ)(愛媛県)の水軍をひきいて博多湾に出陣。6月6日から7日にかけての志賀島(しかのしま)の戦いで,蒙古の軍船に小舟で奇襲をかけ功をたてるが,負傷し舟中で死去した。通称は四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android