油土(読み)ユド

大辞林 第三版の解説

あぶらつち【油土】

ゆど【油土】

酸化亜鉛・硫黄いおう・蠟ろうなどをオリーブ油で練った人工粘土。放置しても硬化しない。彫刻・粘土細工などに使う。あぶらつち。あぶら粘土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あぶら‐つち【油土】

〘名〙 油で練った粘土。乾燥によって固化することがない。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉くつしたの穴「彫刻などと来たら油土(アブラツチ)でお座敷や著物(きもの)を汚すばかりでも怠けた損害ではない」

ゆ‐ど【油土】

〘名〙 亜鉛華硫黄、蝋などを不乾性油で練って作った人工の粘土。乾いて硬化することがない。〔現代日用新語辞典(1920)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android