コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

じ【治】[漢字項目]

[音](ヂ)(呉) (漢) [訓]おさめる おさまる なおる なおす
学習漢字]4年
〈ジ〉
世の中をおさめる。「政治
病気をなおす。病気がなおる。「灸治(きゅうじ)湯治難治不治療治主治医
〈チ〉
うまく整える。管理する。「治山治産治水
1に同じ。「治安治下治世自治統治徳治内治法治
2に同じ。「治癒治療全治
[名のり]おさむ・さだ・ただす・つぐ・とお・のぶ・はる・よし

ち【治】

世の中がよくおさまっていること。また、おさまるようにすること。「延喜の
まつりごと。政治。「徳川一五代の
病気をなおすこと。
「風の―どもをせさせ給ふ」〈栄花・玉の村菊〉

ち【治/持】[漢字項目]

〈治〉⇒
〈持〉⇒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ち【治】

よい政治が行われ、世の中がよくおさまっていること。また、政治。 「名君の-」 「乱を鎮しずめ-を致す/太平記 13

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

治の関連キーワード青森県五所川原市金木町桂 梅団治(初代)桂 文治(7代目)津打英子(初代)桂春団治(2代)小原治五右衛門桂文治(7世)浮世亭 歌楽布屋次兵衛桑原幾太郎大野道犬吉田文三杉村治信鍋島直煕渡辺台水久世喜弘北川静里松田治広村治佳織徳川治察

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

治の関連情報