コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼杉 ヌマスギ

デジタル大辞泉の解説

ぬま‐すぎ【沼杉】

スギ科の落葉高木。高さ25~50メートル。湿地では、根回りの地上に呼吸根を出す。樹皮赤褐色灰褐色で、繊維状にはげる。葉は線形で羽状に並び、秋に褐色に色づいたのち、枝とともに落葉。北アメリカ南東部の原産。公園の水辺などに植えられる。落羽松(らくうしょう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬますぎ【沼杉】

スギ科の落葉針葉高木。アメリカ東部原産。湿地に自生、庭園樹ともされる。高さ40メートルに達し、樹冠はピラミッド形。湿地では根から地上に杭くい状の呼吸根を立てる。葉は小枝に羽状につき、秋には褐色となって枝ごと落葉する。落羽松らくうしよう。 → 呼吸根

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

沼杉 (ヌマスギ)

植物。スギ科の落葉高木。ラクウショウの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android