コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法人犯罪 ほうじんはんざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法人犯罪
ほうじんはんざい

法人が犯罪の主体となる場合をいう。近時,反社会的な企業活動が問題にされることが多い。しかし法人が自然人と同様に通常の犯罪の主体となりうるかについては一般に否定的に解されている (→犯罪能力 ) 。そのため,企業を構成する個人の刑事責任を追及するほかはない。これに対し,公害や悪徳商法などの社会問題を背景に,企業自体の刑事責任を肯定する方向での発想の転換が必要であるとする主張もある。現在のところ,両罰規定による業務主体処罰規定により,従業者個人の刑事責任とリンクされた形で法人が処罰される場合が認められているにすぎない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

法人犯罪【ほうじんはんざい】

法人の業務活動としてその機関または従業者が行う犯罪。その中心は企業犯罪であるが,そのほか宗教法人・学校法人・医療法人・社会福祉法人などの公益法人による犯罪も含む。
→関連項目公害罪法人

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

法人犯罪の関連キーワード犯罪被害者救援基金違法行為

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法人犯罪の関連情報